人間ドックで自覚症状のない病を早期発見しよう

MENU

腰痛の原因

腰痛には他の病気が関わっていることもあるのです

中高年に多い悩みとして挙げられるのが、腰痛です。腰痛は、ぎっくり腰など突然発症する場合もあります。ある程度の年齢になると、腰痛は加齢や疲れのせいと思いがちになりますが、背後には特定の疾患が関わっていることもあり、注意が必要になるのです。高齢者の場合には、時にリウマチなどの病気が腰痛を引き起こしていることもあります。腰痛と共に首から肩にまで痛みやこわばりが広がる場合には、こうしたリウマチ性の腰痛の可能性があるのです。腎臓や子宮の病気でも腰の痛みが起こることがあります。又、精神的なストレスが影響を与えているケースも少なくないのです。ですので、腰痛がある場合には素人判断は避け、極力専門医の診察を受けることが大切になるのです。

幅広い視点から症状を診断出来るクリニックがあるのです

こうした様々な原因で起こる腰痛を幅広い視点から診療出来るクリニックが、行徳にはあります。診療を担当する医師は、リウマチを始めとする膠原病に詳しい知識を持っているため、症状をより多方面から診察することが出来るのです。この行徳のクリニックでは、糖尿病やアレルギーなど他の内科の病気にも対応しています。又、様々なリハビリテーションが行われているのもこの行徳のクリニックの特徴です。リハビリテーションの専門診療科が設けらており、腰痛を始めとする症状の改善をサポートしているのです。行徳のクリニックの場合、診療時間は限られますが、土日祝日も診療を行っています。従って、急な不調の際にも対応してもらうことが出来るのです。