人間ドックで自覚症状のない病を早期発見しよう

MENU

人間ドッグを受ける

人間ドックを行う目的について

近年では、自分の健康を管理するために人間ドックを受ける方が増えています。人間ドックは体をくまなく検査することで、病気の早期発見することができます。病気のほとんどは急に発症するわけではなく、自覚症状がないときから徐々に症状が進行していきます。そして、ある日、気づいた時にはかなり進んでるケースが多いです。このような状況にならないために、定期的に人間ドックを受けることは大切です。 また、検査で体に病気が見つからなくても、自分の体の状態を客観的に把握することができます。よって、現在の状況から今後どのような病気にかかる可能性があるかを知ることができます。お医者さんからは、生活習慣の改善などの指導も受けられ、健康を保つ上で大切な存在といえます。

検査を受ける時の注意点

人間ドックで正しく自分の体を検査してもらうには、事前の準備が大切です。たとえば、薬を服用している方はお医者さんに検査当日に服用できるか確認しておくことが大事です。なぜなら、検査によっては薬の影響で数値が変わってしまうおそれもあるからです。これでは、正しく検査ができないといえます。心臓病や血圧、糖尿病などで薬を服用されている方はたくさんいらっしゃいます。自分の薬が飲んでいってよいのか確認することが大事です。 その他にも、検査当日の朝食や前日の夜中に食事をとらないことが肝心です。夜中に食事をとると、血液検査や尿検査の結果が悪く出てしまう可能性があるからでます。よって検査する時には、前日から十時間以上の絶食をするようにしてください。